「ドルトムント、コロナ禍で多額の損失にも「強固さも見て取れる」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/09 22:00
ドルトムント、コロナ禍で多額の損失にも「強固さも見て取れる」


 確かにボルシア・ドルトムントは2020/21シーズンにおいて、チャンピオンズリーグ出場権を確保し、そしてドイツ杯優勝というタイトル獲得にも成功したシーズンを過ごした。だがそれでも無観客開催など、コロナパンデミックによる影響は色濃く残されており、月曜日に発表されたところでは売り上げは3億3420万ユーロ(前年度よりマイナス3600万)、連結決算でも7280万ユーロ(前年度より約2900万ユーロ増)と大幅な赤字を計上している。

 ヴァツケCEOは「損失額は確かに大きなものがある」と述べ、比較的早い段階より「7500万ユーロ」相当の赤字を見込んでいた中で、若干の修正を達成することもできており、「確かに収益の低下は決して良いものではないが、しかし分析をしていけばドルトムントの強固さも示したものだともいえる」とも強調。なお人件費は前年度の2億1520万ユーロから、20万ユーロほどの微増となっていた。


 またヴァツケ氏は観客の再動員に向けて政治に対し、メルケル首相との州知事会議で「中期的な展望を与える決定」への期待感を示し、「今はお店を閉めて全て解決できるj代ではなくなっている」と強調。さらにワクチン接種率向上のためのキャンペーン実施など、「接種者や回復者のみを入場可能とする」案を提起し、それによって「安心して観戦でき」、「来場したい人はさらに接種を受けるようになる」との相乗効果を主張している。 
 
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。