「移籍、代表、負傷離脱。開幕からやりくり迫られるレヴァークーゼン」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/08 20:00
移籍、代表、負傷離脱。開幕からやりくり迫られるレヴァークーゼン


 今季最初の公式戦であるドイツ杯初戦、ロコモティフ・ライプツィヒ戦では引き続き、レヴァークーゼンではフロリアン・ヴィルツの姿が見受けられなかった。同選手は内転筋に負傷を抱え先週のテストマッチでも欠場。「この部分にウィークポイントがあるんだ」と明かしたセオアネ新監督は、「すぐに復帰できるかもしれないが、デリケートな問題なんだ」と慎重な姿勢を崩さなかった。
 
 その一方でのこの試合でカリム・ベララビが大腿筋の負傷で交代、代わりに投入されたのは攻撃的なSBフリンポンであり、グレイとベイリーのプレミア移籍によってウィング事情の厳しさもみえている。確かに五輪参加から戻るMFパウリーニョをあえてウィングとして起用することもできるだろう、また右SBを補強できれば前述のフリンポンもオプションとなるが、ただベイリーの穴埋めという意味では物足りなさが残る。

 なおセオアネ監督は前述のベララビのほか、CBエドモンド・タプソバ(靭帯結合部)、DFティモシー・フォス=メンサー(十字靭帯断裂)、そしてFWルーカス・アラリオ(筋損傷)も負傷離脱という状況にあり、東京五輪参加のパウリーニョだけでなく、コパ・アメリカ参加のエクセキエル・パラシオスもまだ合流まもない状況にある。
  

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額999円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。