「ホッフェンハイム、ヒュブナーが引き続き主将へ」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/08 20:00
ホッフェンハイム、ヒュブナーが引き続き主将へ


 以前より今季最初の公式戦を前に、チーム内のヒエラルキーを明確にしたい考えを示していた、TSGホッフェンハイムのセバスチャン・ヘーネス監督だが、その言葉通り月曜のドイツ杯初戦を前に行われた会見にて、ベンヤミン・ヒュブナーが引き続き主将を務め、守護神オリヴァー・バウマンが副主将を務めることを明らかにした。特にヒュブナーは左足首の負傷による長期離脱の影響もあり不透明となっていたものの、今回の指揮官の決断はカムバックへの希望と自信の現れだといえそうだ。

 なお選手評議会のメンバーには、同じくCBで負傷による長期離脱から復帰途中にあるエルミン・ビチャクチッチをはじめ、セバスチャン・ルディとアンドレイ・クラマリッチらベテラン選手が選出。特に後者については契約最終年度にある今夏の移籍の可能性も指摘されているが、今回の選出は残留を意味するものなのだろうか。

 また若手からも同じくユーロでの活躍で移籍の可能性が指摘された、クリストフ・バウムガルトナーが選出。ピッチの内外でリスペクトを受ける22歳の若武者は、先日のフュルトとの練習試合で主将を任されるほど信頼が厚い。逆に同じくオーストリア代表でユーロに参加した、フロリアン・グリリッチュの名前がないことも、逆の意味で移籍について示唆しているのかもしれない。
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ネット配信限定商品 21/22ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額980円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEはAmazon Prime Video チャンネルでもご視聴いただけます。