「ケヴィン・ダンソ「約束を守ってくれなかった」」スカパー!ブンデスリーガNEWS

ブンデスリーガ

21/22 ドイツ ブンデスリーガ 全試合生中継/LIVE配信!

スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
スカパー!ブンデスリーガLIVE ドイツ最大のサッカー専門誌 kicker 日本語版提供の現地情報をお届け!
kicker2021/08/07 08:00
ケヴィン・ダンソ「約束を守ってくれなかった」


 移籍騒動の末に、FCアウグスブルクから仏1部ランスへの移籍が発表された、ケヴィン・ダンソ。kickerとのインタビューの中で、22歳のセンターバックはその行動の理由や、移籍を希望したこと、そしてアウグスブルクとの信頼関係の崩壊について語っている。

…移籍を強行した理由:「そう言われているけど、実際のところはそうではない。僕は「そんな気分じゃない」なんて簡単に口にするような選手ではないよ。これまでクラブには移籍の希望を明確に伝えていた。それは定期的にプレーできるという将来性を見出せなかったから。そうしたらブンデス内ではなく、海外でのみと言われたんだ。そして条件があえばクラブ側は検討すると。それからオファーが来たけど、でもクラブはそれを相手にしなかった。約束を守ってくれなかったんだ。それは選手としては理解し難く、精神的にも負担となっていったよ。

…それから、どうされたのですか?:「監督に相談したら、精神的にプレーする用意ができていないと言われた。そういう状況では、100%集中できていないと、いろんなことが起こってしまうものだ。自分の体のためだよ。練習はできても、その時にプレーすることはできなかった。そして監督からは3つの選択肢を与えられたのさ、練習してプレーするか、荷物をまとめるか、1200万ユーロで買ってくれるクラブを探すか。でも2部でプレーしていた選手にそれは現実的ではないと言ったよ」

…その後の展開は?:「ピッチに出て練習をしてみたけど、それで監督を満足させることはできず、その2時間後に僕は合宿所から帰宅することになった。自分の意思で出たいと思っていたのではない」

…その後は病気療養中となっていました:「精神的な負担から。それは口先からではなく、実際に体調が悪かったんだ。疑心暗鬼になっていたし、もう相手にされていないと感じていた。負傷の可能性を思うと、これは危険なことだよ。僕の状態については診断書もちゃんとある。」

…プロとして定位置を奪いにいくものでは?:「練習では頑張ったけど、でも不信感を拭い去れなかった。確かに今シーズンはアピールの可能性があると言われていた。でもその同じ人たちが「裏方としかていないと話していた」という話も耳にした。これ以上、僕はもう裏方になんて徹したくない。自分の目標達成のためには、もうアピールをしなくてはならない年齢にある。

…しかし20代前半で定位置を確保する選手は多くはない:「僕は定位置争いは好んでいるよ。だからプロになったんだ。でもそれはセンターバックとして、1番手か2番手になれるチャンスがあれば、の話。そういうフェアな争いをしたい。向上心があるし、次のステップに進みたいんだ。それが他の場所でチャンスが大きいなら、そのチャンスをつかみたいと思う」

…ただ2024年まで契約を残していた:「クラブ側は2年以上前から、僕が移籍したいと思っていることを知っていた。そしてそれを毎年口にするたびに、いつも驚いているかのような表情で聞いていたんだ。」

…ちゃんとしてしまうと、移籍の気持ちが無視されるという思いに?:「まさにその通りだよ。本当に僕が新しいスタートを切りたいとわかってもらうためには、過去の他の選手のように適当なトレーニングとか、そういう反応をみせなくてはいけないのか、ってね」

…今回の行動が、自身の評判を損ねる恐れは?:「それはないね。あくまで自分のキャリアのための決断だ。できるかぎりのことをやっていきたいと思っている。ただアウグスブルクにも感謝しているよ。残念ながらこんな別れ方になってしまったけど。」

…15歳の時にイギリスからアウグスブルクへ:「アウグスブルクが僕をプロ選手にしてくれたんだ。ただいろんなことが重なってのことだ。僕のポジションには常に多くの選手が獲得されており、部分的に悪いプレーをしたその次に、たとえCBには僕一人しかいなくてもプレーさせてもらえなかったこともあった」

…最終的には移籍が成立、今の目標は?:「ここ数週間は、自分自身でできるだだけ練習をこなしてきたので、準備はできていると思う。残念ながらアウグスブルクではできなかったけど、できるだけ多くの試合でプレーしたいと思っているよ」
 

スカパー!サッカーセット 2,480円/月(税込)
ブンデスリーガLIVEアプリ月額980円(税込)で全試合LIVE配信 7日間無料トライアル実施中!
ブンデスリーガLIVEはSPOOX、Amazon Prime Video チャンネル(https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/?benefitId=bundesportugaljp)でもご視聴いただけます。